太陽光パネル設置まで

  • HOME
  • 太陽光パネル設置まで

太陽光パネル選びのポイント

太陽光パネル、「興味はあるけどたくさん種類がありすぎてよくわからない」。そんな時にはこのポイントをおさえておきましょう!
ご予算や、設置条件を踏まえて5つのポイントをチェックしてみてください。

  1. POINT 1メーカーによってモジュールの大きさ出力電力が違います
  2. POINT 2メーカーごとに施工基準が違います
  3. POINT 3メーカーによってシステム構成が違います
  4. POINT 4地域によってメーカーの対応が違います(積雪地域・塩害地域・暴風地域)
  5. POINT 5メーカーによって価格が違います
メーカー SANYO
panasonic
TOSHIBA SOLARは京セラ MITSUBISHI シャープ
品番
HIP-215NKH5

SPR-N-WHT-J

RD183X-QP-R

PV-MX190HA

ND-160AW
モジュール
寸法(mm)

W 1,580
H 812
D 65

W 1,559
H 798
D 46

W 1,338
H 1,012
D 36

W 1,657
H 858
D 46

W 1.165
H 990
D 46

公称最大出力 215W 210W 183W 183W 160W
種類 HIT 単結晶 多結晶 多結晶 多結晶

導入までの流れ

太陽光パネルの導入までの流れ

設置相談・無料調査
お客様のお宅に設置が可能か、屋根の形状や日照量、外周りからの調査と電気の使用状況についてお伺いします。
※ご自宅の設計図等をご用意いただくとよりスムーズに進みます。
ご提案・見積もり確認
調査内容に基づいて具体的なご提案をします。発電やお見積り、補助金関係書類、お支払い方法等の確認をします。
補助金申請代行
電力会社との契約設置工事のご契約後、当社が手続代行者となり国への補助金申請を行います。
国の補助金申請は、受理→工事→工事完了報告という流れで手続きが進み、自治体によって異なりますが補助金の申請から2~4カ月程度で補助金がお客様の口座に振り込まれます。自治体への申請は、市町村によりタイミングが異なる場合がありますので、自治体によっては設置工事の完了後に申請する場合もあります。
施工
現場により異なりますが、施工は通常の建物であれば1日で終わります。また建物や設置するシステムの規模によっては2~3日掛かる場合もあります。
施工完了
施工完了後、電力会社との手続きをします。お客様の太陽光発電システムが電力会社の系統と接続され、運転開始となります。
保証書発行
各メーカーより保証書が発行されます。保証内容はメーカーにより異なりますので、契約前に弊社担当者にお尋ねください。
アフターサービス
太陽光モジュール(パネル)は基本的にメンテナンスフリーで発電効率は低下しますが30年以上は使用できるといわれています。システムとしては、パワーコ ンディショナーの使用年数は10年~15年で、一度取替える必要がありますが、太陽光モジュールの性能はメーカーが10年出力保証をしています。

私がこのパネルを選んだ理由

太陽光パネル選びは単純に、「高い・安い」「発電量が多い」などで選ぶ事は難しいといえます。あなたの家に設置でき希望する条件に一番近いものを提案しています。でも、どうしても高いものは良い、安いものはあまり・・・などの先入観もあるでしょう。
ここでは、AさんとBさんが選んだ商品のその理由についてご説明します

パネル設置の際に必要な条件

屋根形状と屋根の向きを確認します
どの大きさのパネルが最適か確認します。また、屋根の向きによっては、太陽光パネル設置に適さない場合もございます。
よりよい発電ライフを過ごしていただく為にも最重要チェックポイントです。
各屋根材によって施工方法が異なります
サイズが合っていても、屋根材によって設置できないものがございます。また、建物の築年数によっても、補強など設置以外の追加工事が発生する場合があります。
お客様の電気使用パターンを確認します
電気使用のピーク時間など、利用パターンを知る事により、より最適なご提案を導きます。
Aさんの場合
メーカーシャープ
システム容量5.09kw
税込金額3,180,558円
屋根の形状寄棟屋根
屋根材スレート
問題点 屋根に鋭角な部分が多かった。
選んだ理由 シャープの製品は1枚のサイズが他社と比べて小さく、形や種類のバリエーションが多いため、隙間なく設置するには最適でした。
Bさんの場合
メーカー サンヨー
システム容量 2.87kw
税込金額 1,860,0957円
屋根の形状 切妻屋根
屋根材スレート
問題点 屋根の面積があまり広くないため設置面積に制限がある
選んだ理由 効率的にモジュールを設置する為には高効率で発電量の多いサンヨーが適していました。